ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第三八回 春なのに〝秋色〟桜?

第三八回 春なのに〝秋色〟桜?

 現在も東京の桜の名所として有名な上野公園周辺は、江戸時代から八百八町で随一のお花見スポットでした。
 人気の理由は、沢山の種類の桜があったこと。いち早く咲く寒緋桜につづいて様々な桜が咲き続け、三月中はずっとお花見が楽しめたんです。
 中でも有名なのが、清水観音堂のそばにある秋色桜と呼ばれる枝垂れ桜。春に咲く桜なのに、なぜ〝秋色〟?どういうことなのかというと……。
 江戸時代初期、日本橋のお菓子屋さんの娘・お秋が、上野にお花見にやってきました。
 清水観音堂のそばにある井戸の周りでは、大人たちが飲めや歌えのドンチャン騒ぎ。お秋は幼いころから俳句を学んでいたので、この様子を見て

  

  井戸端の 桜あぶなし 酒の酔

と一句詠み、短冊に書いて近くの枝垂れ桜の枝に結びます。
 これを寛永寺の住職であった輪王寺宮が目にとめ、句の出来を絶賛。作者が13才の少女と知ると、とても驚ろかれたのだとか。
 この話が評判になり、清水観音堂の枝垂れ桜は、お秋の俳号である〝秋色〟にちなんで秋色桜とよばれ、上野のお花見の名物になったというわけなんですね。
 現在の上野公園には、ソメイヨシノを中心とした、およそ800本40種類の桜が咲き誇り、清水観音堂脇には、9代目の秋色桜が植えられています。
 秋色桜の満開はソメイヨシノより早いので、混雑を気にせずのんびり観賞できるため、私も毎年見に行っていました。
 しかし、去年は新型コロナウィルス感染拡大の影響で自粛。今年も緊急事態宣言延長で自粛。こればっかりは仕方ありませんね!
 気分を切り替えて、公園のすぐ近くの上野風月堂の季節限定商品で春を感じたいと思っています。今年はどんなラインナップかな?

本文、イラスト: 堀口茉純

東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』
『江戸はスゴイ~世界一幸せな人びとの浮世ぐらし~』PHP新書
『吉原はスゴイ~江戸文化を育んだ魅惑の遊郭』(PHP新書)

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
TOKYO MX 『お江戸に恋して』
連載・・・サライ.jp (小学館) など多数

ページTOPへ