ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第三七回 しょくらあとがチョコレートになるまで

第三七回 しょくらあとがチョコレートになるまで

 まもなくバレンタイン。バレンタインといえばチョコレートですが、日本に初めてチョコレートが伝わったのは江戸時代後期のこと。
 寛政9(1797)年に、外国との窓口があった長崎の遊女が、オランダ人からもらったプレゼントを報告する文章の中にでてくる「〝しょこらあと〟」が、日本最古のチョコレートの記録です。
 ただこのチョコレートは、私たちが想像するものとは全然違ったよう。
 寛政12(1800)年にかかれた『長崎見聞録』という史料には「〝しょこらあと〟は外国人の薬で、熱湯に削って入れて、卵と砂糖を入れてかき混ぜて服用する」と書かれているんです。
 ほかの医学書にも、〝しょこらあと〟の効能は「よく眠れる、気分が晴れる、元気になる、疲労回復」などと紹介されていて、滋養物として見られていたことがわかります。
 実はこのころはまだ、世界的にも食べるチョコレートは発明されておらず、薬になる飲み物、という位置づけだったんです。
 やがてオランダでココアパウダーが開発され、イギリスで固形の食べるチョコレートが商品化されると、ヨーロッパ中に広まってゆきました。
 幕末の慶應4(1868)年、パリ万博に幕府代表として参加した徳川昭武の日記には「朝、シェルブールのホテルでココアを飲んだ」とあり、これが日本人が初めてチョコレートを口にした記録とされています。
 また、明治時代になると岩倉遣欧使節団が、フランスのチョコレート工場を視察して「極上品の菓子」と紹介したことから、日本でも国産チョコレートがつくられるようになりました。はじめは猪口令糖、貯古齢糖などの当て字があてられ、あまり流行りませんでしたが、徐々に市民権を得て現在に至ります。
 今年は上野風月堂のバレンタイン商品がリニューアルするそう!楽しみですね。

   〝しょこらあと〟がチョコレートになるまで
                         堀口 茉純

本文、イラスト: 堀口茉純

東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』
『江戸はスゴイ~世界一幸せな人びとの浮世ぐらし~』PHP新書
『吉原はスゴイ~江戸文化を育んだ魅惑の遊郭』(PHP新書)

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
TOKYO MX 『お江戸に恋して』
連載・・・サライ.jp (小学館) など多数

ページTOPへ