ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第三六回 江戸のハロウィン?!

第三六回 江戸のハロウィン?!

 上野風月堂では10月からハロウィンのパッケージが登場するそうです。頭がカボチャのおばけ、ジャック・オー・ランタンは、日本でもすっかりおなじみですよね。カボチャ味のおかしや、カボチャをかたどった飾り付けを目にする機会も多く、ハロウィンといえばカボチャというイメージもあります。
 日本にカボチャが初めて入ってきたのは戦国時代。ポルトガル船によってもたらされました。ただ、この船がカンボジアを経由していたため、日本ではカンボジアからやってきた来た野菜と認知され、カンボジア⇨カボチャに訛って伝わったというのが命名の由来と考えられています。
 江戸時代に入ると全国的に普及しますが、一律にカボチャと呼ばれていたわけではなく、例えば江戸時代中期の『物類称呼』という史料には、「大坂では南瓜、またはボウフラ。江戸では昔はボウフラといっていたが、今はカボチャという」などと書かれています。
 ボウフラというのはポルトガル語の「abobora(アボーボラ)」が訛って伝わった呼称。南瓜というのは南蛮(外国を意味する言葉)の瓜という意味です。
 砂糖が貴重だった当時、自然な甘みがあるカボチャは、当時の女性が好むものを並べたことわざとして、
  芝居、蒟蒻、芋、蛸、南瓜
といわれるくらい大人気の野菜になってゆきました。ちなみに、当時食べられていたのは日本カボチャ(東洋カボチャ)という身がねっとりとした品種で、煮つけにして食べるのが好まれたようです。
 一方、カボチャは外国からやってきた得体のしれない野菜だという考え方も根強く、幕末になると浮世絵にカボチャのお化けが描かれるようになります。
 江戸の主な産地は新宿や砂村なのですが、砂村にはカボチャの怨霊も出没したとか・・・。まるでハロウィン!

本文、イラスト: 堀口茉純

東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』
『江戸はスゴイ~世界一幸せな人びとの浮世ぐらし~』PHP新書
『吉原はスゴイ~江戸文化を育んだ魅惑の遊郭』(PHP新書)

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
TOKYO MX 『お江戸に恋して』
連載・・・サライ.jp (小学館) など多数

ページTOPへ