ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第三五回 夏の味覚、今昔

第三五回 夏の味覚、今昔

 夏場によく見かける“日向夏味”の商品。上野風月堂でも季節限定で日向夏を使ったお菓子が発売されます。
 この日向夏が発見されたのは、江戸時代後期の文政年間(1818年~1829年)。日向国=宮崎県の民家の庭で偶然誕生したといわれています。当初は酸味も強く食用には不向き。その後のたゆまぬ研究と品種改良によって、人気フルーツになっていったというわけです。
 地元・宮崎県では2020年度を「日向夏発見200年」と位置付け、大いに盛り上がっているそうですよ。
 このように、現代では夏の味覚として親しまれている“日向夏味”ですが、江戸時代には夏場に柑橘類を食べる習慣自体がありませんでした(第三十一回コラム参照)。
 では、当時の夏の味覚といえばなんだったんでしょうか?
 最もポピュラーなのが枇杷葉湯。琵琶の葉を乾燥させて、肉桂(ニッキ)・甘茶などと合わせて煎じた、スパイシーでほんのり甘く、すっきりした飲み口の清涼飲料です。
 実は枇杷は、仏教の経典に「枝、葉、根、茎、すべてに大きな薬効があり、触れたり、香りをかいだり、舐めることで病気を治すことができる」と書かれているほど古くから薬効が知られてきた植物。
 日本では1300年前から病気の治療に使われていた、民間療法の王様的存在なんです。
 実際、枇杷の葉には、体にたまった熱を冷やす作用や、胃腸を整え食中毒を防止する効能があるそうですよ。夏バテの強い味方!
 このため江戸時代の江戸や京都では、暑くなってくると枇杷葉湯売りの行商が現れ、町を流し歩いて試飲販売を行っていました。これが当時の夏の風物詩だったんです。
 今ではあまり一般的ではなくなってしまった枇杷葉湯ですが、失われた江戸人の知恵をうまく現代の生活に取り入れ、健康に夏を乗り切りたいですね。

本文、イラスト: 堀口茉純

東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』
『江戸はスゴイ~世界一幸せな人びとの浮世ぐらし~』PHP新書
『吉原はスゴイ~江戸文化を育んだ魅惑の遊郭』(PHP新書)

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
TOKYO MX 『お江戸に恋して』
連載・・・サライ.jp (小学館) など多数

ページTOPへ