ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第三四回 上野のお花見は「高尚」

第三四回 上野のお花見は「高尚」

 「上野は高尚、向島は粋、飛鳥山は野暮、御殿山は野卑」これは、江戸の花見の名所の特徴を表した言葉です。
 御殿山は品川宿の中央にあった小高い丘で、、眼下に江戸湾を眺めながらピクニックが楽しめる庶民的なお花見スポット。さすがに「野卑」はひどい気がしますが、賭場が開かれるなど風紀が乱れがちな地域だったため、このような評価になったようです。
 飛鳥山は江戸の中心部からはだいぶ離れていて、当時は自然あふれる「野暮」ったい田舎。飛鳥山の下はほとんどが田畑だったので、山の上から土器の皿を投げる、かわらけ投げ、という遊びもあり、のんびりとお花見を楽しみたい家族ずれに人気でした。
 向島には料亭や、歌舞伎役者の別荘があったため、「粋」な旦那衆のお花見スポット。遊郭・吉原でも、パトロンが店で働く遊女や従業員全員分の人件費を出して、皆で向島に花見に出かけることがあったようですよ。
 上野風月堂のすぐ近く、上野の御山の寛永寺の境内(現在の上野公園)は、江戸時代初期に整備された桜の名所(第十三回コラム参照)。
 三代将軍・家光のころは、桜の季節には江戸中から老若男女が集い、ゴザを布いて、飲めや歌えの宴会を開いていました。
 ただ、四代将軍・家綱、五代将軍・綱吉が寛永寺に埋葬され、徳川将軍家の菩提寺になると、どんちゃん騒ぎがはばかられ、「高尚」な花見が行われるようになります。
 客層は大名や豪商など富裕層中心で、御殿女中や商家のお嬢様といった女性客が多いのも特徴でした。お花見のために皆でお揃いの着物を仕立て、ゾロゾロと歩きながら、静かに桜を愛でたそう。
 今年は私も、上野で「高尚」なお花見を楽しんで、お土産に上野風月堂のこの季節限定の桜をつかった商品を買って、春を満喫しようと思っています!

本文、イラスト: 堀口茉純

東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』
『江戸はスゴイ~世界一幸せな人びとの浮世ぐらし~』PHP新書
『吉原はスゴイ~江戸文化を育んだ魅惑の遊郭』(PHP新書)

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
TOKYO MX 『お江戸に恋して』
連載・・・サライ.jp (小学館) など多数

ページTOPへ