ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第三三回 江戸人と餅

第三三回 江戸人と餅

 ペッタンペッタン・・・。年末になると江戸の町のあちこちで正月用の餅をつく音が響きました。
 餅は日本人の究極のハレの日の食べ物といっても過言ではありません。
 古来より、日本では稲は穀霊が宿る神聖な植物で、その稲からとれる米は人間を活かす最も重要な食べ物。それを手間暇かけて搗いて固めた餅は、特別でありがたい物だと考えられてきたからです。
 江戸に暮らすひとびとも、こぞって正月に向けて餅を準備しました。当時の餅の入手方法は大きく分けて4つあります。
 1つめは、自宅で餅つきをする。当たり前なようですが、杵や臼など一通りの道具をそろえて一から餅を作るのは大変な作業。よっぽど裕福な家でなければ不可能でした。
 2つめは、賃餅。お金を払って自分の代わりに菓子屋に餅をついてもらう方法です。毎年注文が殺到するので、12月15日までの完全予約制だったとか。クリスマスケーキみたいですね(笑)。
 風月堂のような御用菓子屋にも、お得意先の武家屋敷から沢山の注文が入ったようなので、相当忙しかったと思いますよ。
 3つめが、自宅の前まできて餅をついてもらう、餅つきの出張サービス・引きずり餅。道具を引きずってやってくることから、こう呼ばれました。
 普段は鳶を生業にしている若い衆が、年末限定で餅つきの依頼を受けつけるんですね。人件費がかかって割高ですが、威勢のいい餅つきはいい景気づけになるため、需要はかなりあったようです。
 4つめは、正月用品を販売する歳の市で、出来上がった餅を購入する方法。これが一番手軽で安上がりでした。
 現在は機械で大量生産ができるようになり、餅のありがたみは薄れてしまいましたが、大切にしたい食文化ですね。

本文、イラスト: 堀口茉純

東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』
『江戸はスゴイ~世界一幸せな人びとの浮世ぐらし~』PHP新書
『吉原はスゴイ~江戸文化を育んだ魅惑の遊郭』(PHP新書)

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
TOKYO MX 『お江戸に恋して』
連載・・・サライ.jp (小学館) など多数

ページTOPへ