ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第三一回 柑橘類のお話

第三一回 柑橘類のお話

 夏が近づくと、甘くて酸っぱい柑橘類を使ったスイーツが食べたくなりますね。
 全国各地で柑橘類が商業用に栽培されるようになったのは江戸時代のこと。とくにミカンが大人気でした。
 江戸一番のブランドミカンは紀伊国・和歌山県有田産のミカン。江戸時代初期の流通事情では1か月かけて船で運ばれたため、2籠1両(およそ30キロ10万円)の値が付くこともあった高級品です。
 ある年、紀伊国でミカンが大豊作となり、いつのように江戸へ運ぼうとしましたが、運悪く嵐で船が出せなくなりました。この結果、ミカンの値段が大暴落してしまいます。
 これに目を付けたのが文左衛門という地元の若者。「激安のミカンを大量に仕入れて、江戸に持っていけば絶対高く売れるはず!」と考え、ボロ船を購入して危険を顧みず嵐の海に漕ぎ出し、命がけで江戸にミカンを届けたのです。
 この戦略は大当たり。ちょうど江戸では、ふいご祭り(鍛冶屋が近所の人たちにミカンをふるまう習慣)のタイミングだったこともあり、高値で飛ぶように売れました。
 こうして巨利を得た文左衛門は、江戸一番の豪商にのし上がり、“紀伊国屋文左衛門”としてその名を全国にとどろかせます。この話、後世の創作ではないか?ともいわれていますが夢のあるお話ですよね。
 ちなみに、ミカンは晩秋に収穫され冬場に食べるもの。当時は夏場に柑橘類を食べる習慣はポピュラーではありませんでした。
 転機は幕末です。長州・山口県萩にダイダイという柑橘類があって、食用ではなかったのですが、夏まで枝に残っていた果実をたまたま食してみたところ美味しいことが判明!“夏ミカン”と呼ばれるようになり、明治時代以降に定着していくんです。
 夏場に柑橘類が手軽に食べられるようになったのは、最近の事なんですね。

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』
『江戸はスゴイ~世界一幸せな人びとの浮世ぐらし~』PHP新書
『吉原はスゴイ~江戸文化を育んだ魅惑の遊郭』(PHP新書)

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
TOKYO MX 『お江戸に恋して』
連載・・・サライ.jp (小学館) など多数





ページTOPへ