ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第二九回 お節と和菓子

第二九回 お節と和菓子

 日本の年中行事の中でも特に重要なのがお正月。家族でお節を食べたという方も多いのではないでしょうか。
お節というのはその名の通り、お節句に食べる特別な料理=行事食の事。現代ではお節というと正月の料理のことを指すようになっていますが、年中行事が盛んだった江戸時代には各行事毎にお節があり、それを食すことも大きな楽しみだったようですよ。
正月料理のお節のことは江戸では喰積と呼びました。
喰積は、三方の真ん中に松竹梅を置き、そこに密柑、橘、榧、串柿、昆布や伊勢海老などを積んで、裏白、ゆずり葉などで飾ったもの。江戸時代中頃まではこの中の食材をつまんで食べていたのですが、徐々に食べずに飾るだけの縁起物になってゆきます。
このため喰積のお節とは別に、実際に食べられるお祝いの肴を詰めた重詰が作られるようになりました。これが現在の重箱に入ったお節の原型ですね。
重詰めの主な内容は、沢山の卵があるというところから子孫繁栄の願掛けである数の子。一年中「まめ、(まじめ)」に働き健康に暮らせるようにとの思いを込めた黒豆、根が地中深く入るところから家の基礎が地の底まで堅固であることを祈る意味があるごぼう、腰が曲がるまで丈夫でいたいという願いを込めた海老、よろこぶに通じる昆布などなど駄洒落満載の・・・イエイエ、縁起を担いだ、現在でもお馴染みの品々です。
金運アップを祈り、金の団子を連想させる金団も入っていました。金団は現在では甘く煮た栗を薩摩芋の餡でまぜた栗きんとんですが、江戸時代の資料を見ると和菓子の金団(餡子を求肥で巻き、その周りにそぼろ状にした餡をくっつけた上生菓子)だった模様。
なかなか素人が自宅で作れるようなものではないので、風月堂のような御用菓子屋に注文が殺到したことでしょうね。

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』
『江戸はスゴイ~世界一幸せな人びとの浮世ぐらし~』PHP新書
『吉原はスゴイ~江戸文化を育んだ魅惑の遊郭』(PHP新書)

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
TOKYO MX 『お江戸に恋して』
連載・・・サライ.jp (小学館) など多数