ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第二七回 江戸の清涼飲料水?!水菓子

第二七回 江戸の清涼飲料水?!水菓子

 年々暑さが厳しくなっている気がしますが今年は特に暑い!熱中症対策の水分補給に気を使いながら日々を過ごしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
江戸の町にも、夏になると水やお茶はもちろん、水菓子を扱う行商や屋台が沢山出ました。現代では水菓子というと羊羹やゼリーなどを指すことが多いですが、もともとは果物を意味する言葉。つまり、
江戸人たちは水分の多い果物を清涼飲料水のように摂取することで喉を潤していたのです。
『名所江戸百景 日本橋通一丁目略図』は、江戸時代に風月堂が出店していた界隈の夏の情景が描かれた浮世絵ですが、ここにも水菓子の代表格・真桑瓜の行商が描かれています。
真桑瓜はメロンの変種で、縄文時代から日本で食されていたというポピュラーな水菓子。水分が多く、ほんのりした甘みとシャキシャキした触感で、特に豊臣秀吉の大好物でした。茶会では自ら真桑瓜の行商に扮して「味よしの瓜、召されそうらえ♪」と歌う余興をしたとか。秀吉の影響か徳川家康も真桑瓜を好み、江戸近郊に真桑瓜の畑をたくさん作ります。こうして真桑瓜は江戸では将軍から庶民にまで人気の夏場の鉄板水菓子になったのです。塩をつけて食べていたようなので、熱中症対策にもバッチリですね。
西瓜は江戸時代初期に日本に伝わりましたが、長い間人気が出ませんでした。品種改良がされていなかったので現在のような甘みが無く、切り口から赤い汁が滴る様子が人の血肉を連想させるということで、女性や子供たちが怖がってしまったのです。
しかし、八代将軍・徳川吉宗が鷹狩りの際に水分不足で動けなくなった(熱中症?)時に近くの農家で作っていた西瓜を食べて渇きを癒し、見事回復したという出来事があって以降イメージが急上昇。砂糖の大量生産が可能になると砂糖をつけて食べるようになり、江戸時代後期に人気の水菓子になりました。

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』
『江戸はスゴイ~世界一幸せな人びとの浮世ぐらし~』PHP新書
『吉原はスゴイ~江戸文化を育んだ魅惑の遊郭』(PHP新書)

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
TOKYO MX 『お江戸に恋して』
連載・・・サライ.jp (小学館) など多数