上野風月堂の歴史

上野風月堂の歴史 家系図

上野風月堂の歴史は、初代の大住喜右衛門が江戸に下った1747年に始まりました。「江戸でも上方にあるような美味しいお菓子を作りたい」という志を持って大阪から下った喜右衛門は、京橋に「大坂屋」を開店。その誠実な仕事ぶりは江戸でも評判を呼ぶようになります。

やがて水野忠光の側室として上がっていた喜右衛門の養女、恂が、後に老中となる忠邦を出産。当時の慣習に従って宿下りとなった恂は二代目大住喜右衛門を婿に迎え、夫婦で大坂屋を盛り立てていきます。「大坂屋」の菓子は大名たちの間でも評判を呼ぶようになり、二代目喜右衛門の誠実な人柄は松平定信公の知るところになりました。「汝が心事の清白なるを愛する。これをもって屋号とせよ」と公から「風月堂清白」の五文字を賜りました。「風月」は定信公の雅号でもあります。

この報せに喜んだ忠邦は当時の名書家、市川米庵に「風月堂」と巨大な白布に揮毫させ、これをもって店頭に掲げよと暖簾を賜ります。この日から「大坂屋」は「風月堂」となったのです。

明治を迎えた風月堂総本店は、若くして亡くなった四代目に代わりその弟の五代目喜右衛門が継承していました。五代目喜右衛門は自身の三子を廃家となっていた四代目喜右衛門の養子にいれ、兄の家を復興させます。五代目喜右衛門の三子であり、四代目喜右衛門の養子となったのが1905年に上野風月堂を開店した大住省三郎です。

省三郎の兄、六代目喜右衛門が継承した総本店は跡継ぎの夭折が続き、残念なことに1950年代頃に休業に至りました。現在、初代大住喜右衛門からの歴史をを継承するのは「上野風月堂」のみとなってしまいましたが、総本店の人々と上野風月堂の温かな交流は現在も続いています。現在の上野風月堂の社長、大住佑介は、初代大住喜右衛門から数え八世代目にあたり、初代喜右衛門の菓子作りへの志はここに受けつがれているのです。