ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第十九回 御月見のお話

第十九回 御月見のお話

江戸時代、旧暦で秋とされた7月、8月、9月は御月見イベントのハイシーズンでした。
 特に盛り上がったのが秋の真ん中=8月15日の中秋の名月。いわゆる十五夜です。この日は台風の影響が落ち着いて晴れることが多く、大陸から乾燥した冷たい空気が流れ込むため、気象学的にも一年で最も美しい満月が見られる日と言われているんですよ。
 また収穫祭としての性質もあり、お供えには稲穂に見立てたススキや、その時期に収穫される里芋などの野菜や果物が用いられました。現在の六本木の交差点辺りは芋洗い坂と呼ばれるほど芋屋が多く、御月見の時期は沢山の人でにぎわったといいます。
 江戸時代後期になるとお供えのラインナップに月見団子が加わります。
江戸では三方に乗せるのは十五夜の満月にちなんで一寸五分(およそ5センチ)のまん丸の団子を15個。その他に、家族や奉公人が食べる小ぶりなモノを15×人数分用意しました。上方では一年の満月の数=12回に合わせて12個の団子を三方に。形は里芋の形に似せて先をとがらせるようにして作り、砂糖を加えた黄な粉をかけたといいますから微妙な地域差があったようです。
面白いのは、地方によっては子供が他人の家の御供えの月見団子は盗んでもよいという暗黙の了解があったこと。神様への御供え物のお下がりを頂く直会のような感覚だったようです。この習慣は各地で〝御月見泥棒”として残り、現在では団子の代わりに御菓子を配っている所が多いんだとか。日本版ハロウィンのようで面白いですね。
ちなみに、月見団子は相当な個数が必要なので、風月堂のような御菓子屋さんで買うのではなく、各家庭で当日の朝早起きして一家総出でハンドメイドするのが主流でした。
2016年の中秋の名月、15夜は9月15日。今年は江戸風に、ご自宅で月見団子を作ってみてはいかがでしょうか。

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』
『江戸はスゴイ~世界一幸せな人びとの浮世ぐらし~』PHP新書

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
TOKYO MX 『お江戸に恋して』
連載・・・サライ.jp (小学館) など多数